【秀作】天才魔術師を弟に持つと人生はこうなる

ハイファンタジー
スポンサーリンク
天才魔術師を弟に持つと人生はこうなる

作品傾向

主人公最強度:★★★☆☆
テンポの良さ:★★☆☆☆
 内容の濃さ:★★★★☆
  恋愛要素:★☆☆☆☆
 キャラ魅力:★★★☆☆
備考:週間ポイントランキング5位

あらすじ

 この世界では十二歳までに〈神の恩恵〉と呼ばれる特殊能力が人々に与えられる。十二になると検査され、国に役立つ〈恩恵〉を得たものは、奨学金をもらい王都で学ぶことになっている。

ポルカ村のルカは、自身がめずらしい〈恩恵〉を授かっていると気づいていた。しかし十二になった検査の日、それはたいしたことがない能力と誤解され、村で狩人としての日々を過ごしていた。
それから約三年、今度は弟が検査の日を迎え、稀少な〈恩恵・魔術使い〉であることが判明。村を出て魔術学校に通うことになる。弟の輝かしい未来に期待を寄せていたルカであるが、弟リヒトは学校から与えられた「従者枠」を使ってルカを巻き込み、一緒に王都に連れていってしまう。
弓の名手であり、ある特殊能力を持った兄と、天才魔術師の弟が繰りなす冒険譚。

https://ncode.syosetu.com/n8703hn/より引用

感想

【ストーリー】
じっくりと腰を据えて読むタイプのストーリー。
伏線らしきものや今後の展開を予感させる描写がところどころに散りばめられながら進んでいくので、じわじわと期待感が増していく。

【文章力】
とてもしっかりとした本格派な文章で、心理描写は普通程度のクオリティだが、情景描写はピカイチ。
ワンシーンにあてられた情報量が多く、ともすれば読み辛くなりかねないところを、非常に綺麗かつ魅力的にまとめられている。

【世界観・キャラクター】
世界観や能力の細かな設定などがきちんとしており、こだわりを持った作者さんだと感じた。

ただ、引いた視点での描写が少ないので、その場で起きている事の把握は容易だが、主人公の背景や全体的な世界観を掴むのに少し時間がかかるかもしれない。

小説家になろう作品ページより引用

なろうで読みに行く