未分類

文芸(推理)

ムラージュ~ソーセージの中身は、肉屋と神様しか知らない。~

グロテスクで怖気が走るのに何故か美しさも感じる一つめのストーリー。ソーセージと「楓荘」の面々が織り成す、ちょっとコミカルな二つめのストーリー。それらが交互に描かれる中で、時折浮かび上がる違和感は最終話で解き明かされる。
スポンサーリンク